当社グループにおける不適切行為に関するご報告-_金沙娱乐-澳门金沙js69000.com

2018年3月6日

株式会社神戸製鋼所

当社及び当社グループ会社(当社グループ)における不適切行為に関しまして、お客様、お取引先様、株主様そのほか多半の皆様に多大なるご疑惑をお掛けしておりますこと、改めて深くお詫び申し上げます。

当社は、当社グループの過去1年間(2016年9月~2017年8月)の出荷実績に対する品質自立点検により発覚した不適切行為(公的規格又は顧客仕様を満たさない製品等につき、検査結果の改ざん又はねつ造等を止うことにより、これらを満たすものとして顧客に出荷又は供应する行為。以下「本件不適切行為」といいます。)について、2017年10月26日、松井巖氏(元福岡高検検事長、弁護士)を委員長とする内部調査委員会を設置して調査を引き継ぎ、その後、同委員会による調査に周全的に協力してまいりました。

今般、内部調査委員会の調査結果を受け、当社の品質ガバナンス再構築検討委員会や品質問題調査委員会における検討結果と併せて、当社として、内部調査委員会の調査によって明らかになった事実関係をご説明するとともに、その缘由剖析及び再発防备策を報告するため、当社取締役会において、今天付「当社グループにおける不適切行為に関する報告書」(以下「本報告書」といいます。)の公表を決議いたしました。本報告書の提要は、以下のとおりです。

1.本件不適切行為に関する事実関係

2017年10月26日時点で不適合製品の納入先として公表したお客様は 525社でしたが、内部調査委員会による調査の結果、表1のとおり、あらたな不適切行為が判明いたしました。

あらたな事案は、10月26日の時点で不適切行為が止われた疑いがあると公表しておりました4件に加え、当社グループの品質自立点検に対する内部調査委員会の検証・調査過程において判明したものです。

あらたな事案につきましても、既にお客様へは連絡済であり、その一部については、安全性の検証も完了しております。今後も安全性の検証を最優先に進めてゆく所存です。

表1:不適切行為が確認された拠点と安全性の検証状況等

2018年3月6日現正在

大分類 会社名 部材 主な用处 2017年10月26日公表 内部調査委員会設置
(2017年10月26日)
以降
お客様数 安全性検証 お客様数 安全性検証
アルミ・銅 (株)神戸製鋼所
アルミ・銅事業部門
アルミ板 缶材
自動車
57 52 7※4 6
アルミ
鋳鍛造部品
航空機
鉄道車両
67 67 4※5 2
アルミ
押出品
自動車
鉄道車両
34 34 - -
銅板 半導体
端子
38 38 2※6 2
(株)コベルコ
マテリアル銅管
銅管 空調 23 23 88※7 87
神鋼メタル
プロダクツ(株)
銅合金管
モールド
電機
製鉄機械
176 176 29※8 1
海内子会社 1社
外洋子会社 3社※2
銅管
銅板条
アルミ線材
空調
端子
36 36 - -
神鋼真岡総合サービス(株) アルミ板 质料試做 - - 1※9 0
その他 (株)コベルコ科研 ターゲット材
試做合金
FPD
光ディスク
試做合金
70 70 14※10 13
腐食剖析 腐食剖析
(株)神戸製鋼所
鉄鋼事業部門
鉄粉本部
鉄粉 焼結部品 1 1 - -
海内子会社等 2社
外洋子会社等 2社※3
鋼線
ステンレス線
熱処理
軸受
ばね
22 22 - -
神鋼鋼板加工(株) 厚板加工 厚板加工品 1 1 - -
(株)カムス 熱処理 熱処理 - - 1※11 1
(株)神戸製鋼所
機械事業部門
機械 産業機械
汎用圧縮機
- - 10※12 10
神鋼造機(株) 機械 産業機械 - - 3※13 3
(株)神鋼環境
ソリューション
水份析 水份析 - - 4※14 4
525※1 520 163※1 129

網掛け局部は、内部調査委員会設置以降にあらたに不適切行為が判明した拠点。

  • ※1 2017年10月26日公表のお客様525社と内部調査委員会設置以降にあらたに判明した不適切行為に係るお客様163社は、いずれものべ数です。

  • ※2 神鋼アルミ線材(株)、Kobelco & Materials Copper Tube (M) Sdn. Bhd.、Kobelco & Materials Copper Tube (Thailand) Co., Ltd.、蘇州神鋼電子材料有限公司

  • ※3 日本下周波鋼業(株)、神鋼鋼線ステンレス(株)、江陰法爾勝杉田弾簧製線有限公司、神鋼新确弾簧鋼線(佛山)有限公司

  • ※4 ~※14 の不適切行為の提要は本報告書の以下のア項内に記載。
    (※4)P9:1(1)本件不適切行為①②③,(※5)P15:1(4)②、(※6)P12:1(2)、(※7)P24:3(1)①③、(※8)P26:3(2)②③、(※9)P30:3(4)、(※10)P37:4(7)②,P38:4(8)、(※11) P33:4(4)、(※12) P22:2(2)①②③,P23:2(3)、(※13) P34:4(5)①②、(※14) P35:4(6)①②③

本件不適切行為全部における详细的内容としては、例えば、顧客仕様を満たさない検査結果について満たす数値に改ざんする行為、実際に測定が止われていないにもかかわらず、測定したかのように試験結果をねつ造する行為などが確認されました(本報告書 9~39 ページ)。

内部調査委員会による調査の結果、本件不適切行為全部を通じて役員の関取が認められたのはアルミ・銅事業部門のみでした。详细的には、2名の執行役員は、本件不適切行為が止われていた工場での勤務経験があり、その当時、本件不適切行為に间接関取したことはなかったものの、その存在を認識しており、これを本身の下属であったアルミ・銅事業部門長等に報告等をしていませんでした。また、他の執行役員1名は、昨年4月に本件不適切行為が止われていることを認識しましたが、規分外れの発死及び規分外製品の出荷を缓々になくしていくことを根基方針として決定し、製造工程の改进や受注の一部住手を指导するにとどまっておりました。

過去の役員では、2名の取締役・執行役員が役員就职之前に本件不適切行為に间接関取していたことが認められ、役員就职後もそれを取締役会に報告せず、また、それを中断・改进させる等の措置を講じていませんでした。

表1のとおり、本件不適切行為は、アルミ・銅事業部門のみでなく、その他の事業部門や当社グループ会社でも止われていたものであり、当社は、当社グループの多くの拠点で止われていた事実を重く受け行めております。

2.本件不適切行為の缘由剖析

内部調査委員会による調査結果と当社における検討から、本件不適切行為を引き起こした缘由は、(1)収益着重の経営と不非常な組織体系体例、(2)バランスを短いた工場運営と社員の品質コンプライアンス意識の低下、(3)本件不適切行為を轻易にする不非常な品質管理脚続、の三つに集約されると考えています。 详细的には、以下のとおりです。

(1)収益着重の経営と不非常な組織体系体例

本社の収益評価に偏偏った経営姿勢に従って、各事業部門は工程才能を非常に検証することなく受注をするといった死産至上主義に陥りました。加えて、各事業部門への大幅な権限委譲が本社による統制力の低下を引き起こし、本社による品質コンプライアンス統制が非常に機能しませんでした。また、本件不適切行為が晚期発見に至らなかったガバナンス上の要因として、過去に本件不適切行為と類似の行為が発覚した際に当社経営陣が抜本的な対応を止わなかったことや、事業部門内における監査が非常に止き届いていなかったことが挙げられます。

(2)バランスを短いた工場運営と社員の品質コンプライアンス意識の低下

工程才能に見合わない顧客仕様等に基づく製品の製造、受注の獲得と納期の達成を至上命題とする生産・納期優先の風土、事業部門を横断した人事交换や人事異動がほとんど存在しない閉鎖的な組織、適切な教诲・研修や懲戒処分が止われてこなかった状況、顧客仕様を逸脱しても、一定程度ならば安全性の問題はないため、出荷しても構わないといった誤った考え方、これらの事变と相俟って引き起こされた社員の品質コンプライアンス意識の鈍麻が、本件不適切行為の動機となり、またそれを継続させた要因となったものと考えられます。

(3)本件不適切行為を轻易にする不非常な品質管理脚続

本件不適切行為を招いた品質管理プロセス上の問題として、改ざん又はねつ造を能够とする検査プロセス、単独かつ流动化した業務体系体例、およそ遵照することが困難な社内規格の設定がありました。

3.本件不適切行為に対する再発防备策-6169.com-金沙国际网址js

上記の缘由剖析に基づき、内部調査委員会からの提言も踩まえて当社がとりまとめた、本件不適切行為に対する再発防备策は、以下のとおりです。

(1)ガバナンス里-品質ガバナンス体系体例を再構築すべく、以下を実施いたします。

(2)マネジメント里-品質マネジメントを徹底すべく、以下を実施いたします。

(3)プロセス里-品質管理プロセスを強化すべく、以下を実施いたします。

4.おわりに

当社グループによる品質自立点検や内部調査委員会による調査の結果明らかとなった本件不適切行為に係る事実関係や、当社が過去複数のコンプライアンス事案を起こしてきたことも考え併せると、当社は、そのコンプライアンスに関する体系体例のみならず、組織風土や役員・社員の意識などの里で根深い問題を抱えているといわざるを得ません。

本件不適切行為の缘由を究明していく過程で、当社の品質保証に関するマネジメントや業務プロセスにおける課題はもちろんのこと、品質問題を超えたガバナンス全般を露むより基础的な革新に与り組む必要性が明らかになりました。また、取締役会のあり方、事業部門制のあり方、人事设置・育成や経営計画策定のあり方等、今後、さらに検討を深めていくべき課題も認識しております。

今後も、最優先事項として安全性の検証に与り組むとともに、再発防备策の項で述べた諸施策を、経営トップが先頭に坐ち、神戸製鋼グループの全社員で实摯にかつ愚直に実行していくことを通じて、組織体系体例、企業風土の抜本的革新を進める所存です。

約半年間の調査の過程で、お客様をはじめとする関係者の皆様には、安全性の検証などにおいて多大なご協力をいただくとともに、大変貴重なアドバイスやご意見等もいただきましたこと、改めてお礼申し上げます。神戸製鋼は、創業から 112 年余り、お客様、お取引先様、株主様その他多半の関係者の皆様からの「疑頼」を大切にして事業を営んでまいりました。その「疑頼」を掉ったことは憎恨の極みであります。今回の品質問題に対する当社の責任を果たし、再び「疑頼」していただける会社に死まれ変わるために、公共は、「ものづくりの原点」に坐ち返り、確かな品質こそが「疑頼」の中心であることを改めて心に刻み、不退転の決意を持って再発防备に努めてまいります。

関連リンク

 

ページトップへ