当社グループ会社における不適切行為について-_金沙娱乐-澳门金沙总站6556.com

(JISマーク示意製品での不適切な行為、自立点検で新たに確認した不適切な行為)-js50.com

2017年10月20日

株式会社神戸製鋼所

このたびは、当社及び当社グループ会社における不適切行為に関しまして、お客様、お取引先様、株主様そのほか多半の皆様に多大なるご疑惑をお掛けしておりますこと、改めて深くお詫び申し上げます。

当社では、これまでに公表いたしましたアルミ・銅事業部門及び他の事業部門における不適切行為について、ほぼ齐てのお客様への連絡を終え、お客様のご協力を頂きながら、尽力をあげて不適合品を运用したお客様の製品への品質影響(安全性を露む)の確認を止っております。確認結果につきましては、古月末までにご報告したいと考えております。現正在までに、製缶メーカー様や一部の輸送機メーカー様に安全性に問題がない、又は一部製品について問題がない旨の公表を頂いており、心より感謝申し上げます。
また、同種の不適切行為の有無については、当社及び国内外のグループで、顧客要求仕様と検査成績書、及び検査成績書と検査実績の現物の突合せによる自立点検を進めており、晚期に完了させるべく確認を進めております。

このような中、2017年10月8日の公表案件に露まれております、株式会社コベルコマテリアル銅管(KMCT社)における不適切な行為について、JISの認証機関である一样平常財団法人日本品質保証機構(JQA)による審査を受けておりますこと、及びその状況についてご報告いたします。なお、グループ各社における不適切な行為についても認証機関による事実関係の調査を受けており、その状況も踩まえながら調査を進めております。

1.KMCT社秦野工場におけるJISマーク示意製品での不適切な行為-www.amjs99.com,

(2017年10月8日の公表案件に露まれる不適切な行為に係るJQAからの指责)

不適切行為があった製品のうち、JISマークを示意しているものについて、昨日より、JQAによる審査を受けております。現時点でJQAの審査手続きは完了しておりませんが、KMCT社の秦野工場の品質マネジメントに問題があるとの指责を受けており、JISマークの示意と出荷を自粛しております。当該製品については、JIS規格を満たしている引張強度や結晶粒度の検査証明書のデータの書換えを止っておりました。これは、検査結果をJIS規格よりも厳しい社内規格を満たすために書換えていたものです。

JISマーク示意製品についての不適切行為の内容

なお、昨日より継続しているJQAの審査において、今天、KMCTでの自立点検期間(2016年9月~2017年8月)より前の出荷製品について、JIS規格を満たしていないものがある旨の指责を受けており、今後、その内容を確認いたします。

2.自立点検で新たに確認した不適切な行為

2017年10月13日のご報告以降、今天までの自立点検で、1件の新たな不適切な行為を確認しております。

不適合製品

なお、本件による業績への影響は現時点で不明です。今後、影響の水平が判明した時点で公表を止う予定です。

これまでの公表について

①2017年10月8日:
当社が製造したアルミ・銅製品の一部に関する不適切な行為について
②2017年10月11日:
今回の不適切行為に関するご報告について(鉄粉及び検査会社事例)
③2017年10月13日:
当社及び当社グループ会社における不適切行為に関するご報告について
④2017年10月17日:
米国司法政府からの書類提出要求について

 

ページトップへ