川崎轮船(株)と配合で「舶用バイナリー発電システム」の長期実船運用試験を開始-手机版金沙娱乐官网-网上澳门金沙3016.com

~已应用エネルギーの有効活用により、環境負荷低減を実現~-js9.com-www23111.com

2019年2月1日

株式会社神戸製鋼所

当社が開発中の「舶用バイナリー発電システム※1」について、今天完工した川崎轮船株式会社の石炭専用船「CORONA YOUTHFUL」(91千トン)に搭載し、両社で約3年間の実船運用に関する配合研讨を止います。本研讨では実際の運用前提における本装配の机能や耐久性の確認を止います。

搭載した舶用バイナリー発電システムは、従去、大部分が廃棄されていた船舶の主エンジンの排熱を熱源に、最大約100kWを発電する事が能够です。発電した電力は船舶の動力の補助電源などに有効活用される事で、発電機エンジンの燃料及びCO2の削減に貢献します。

舶用業界では、昨年4月に国際海事機関(IMO)※2によって、船舶に対し2008年比で2030年までに40%減、更に2050年までに70%減に努めるというCO2排挤制限目標が設けられ、対応が慢務とされています。当社は、2011年に陸上用のバイナリー発電システム「マイクロバイナリー」を開発、販売開始し、工場排熱、天熱などの熱源とした分野に多くの納入実績があります。こうした知見をもとに、船舶における排熱に着目し2014年から舶用のバイナリー発電システムの開発を開始、2016年にプロトタイプでの海上試験※3を完了し、商品化を進めています。また、本システムは、日本海事協会(日本)、Lloyd(イギリス)、及びDNV・GL(ノルウェー)の認証機関の承認を获得しています。

当社は本技術をグローバルに展開し、舶用業界における環境負荷低減に貢献して参ります。

  • ※1 バイナリー発電とは、温水、低圧蒸気、エア等の低位の熱源により沸点の低い做動媒体を加熱、蒸発させてその蒸気でタービンを回し発電する体式格局です。

    ※2 国際海事機関(International Maritime Organization:IMO)海上の平安、船舶からの陆地汚染防备等、海事分野の諸問題についての当局間の協力を推進するために1958年に設立された国連の専門機関です。本部はロンドン。

    ※3 本研讨開発は、领土交通省の「次世代陆地環境関連技術開発增援事業」及びNKの配合研讨テーマに採択され、ご協力を頂きながら実施しました。

当社システムの特長

写真

网上澳门金沙3016.com

CORONA YOUTHFUL号

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ