アルジェリアにおけるMIDREX®间接還元鉄プラントの生産開始について-手机版金沙娱乐官网-澳门金沙赌场-41667.com

2018年12月18日

株式会社神戸製鋼所

当社の米国子会社であるMidrex Technologies, Inc.(以下 ミドレックス社)と、ライセンス供取先であるルクセンブルクのエンジニアリング会社Paul Wurth S.A.(以下 PW社)のコンソーシアムが2015年に受注した、アルジェリアでのMIDREX®间接還元鉄※1プラントが完成し、2018年11月から生産を開始しました。

本プラントは、トルコのTosyali Holding(以下 トスヤリ社)がアルジェリア北西部のオラン市近郊で操業中のTosyali Algeria製鉄所向けです。アルジェリア初の间接還元鉄プラントであり、MIDREX®プラントとしては天下最大の年産才能250万トンを誇ります。

2018年7月から試運転を止い、同年11月からCold DRIの生産を開始しました。このたびのプラント完成に伴い、トスヤリ社の主催にて、アルジェリアのユーセフ・ユースフィー産業・鉱業大臣の視察も実施されました。

今後はHot DRIの生産を2019年2月から開始の予定で、これをもって本格的な商業生産開始となります。本プラントから還元鉄(DRI)を供給することで、同製鉄所での高品質な鉄鋼製品の生産に寄取するともに、輸入スクラップの購入削減も等候できます。

PW社は、2014年2月に当社からMIDREX®法を活用した间接還元鉄プラントの設計、建設及びマーケティングのライセンス供取を受けています。今回のプロジェクトではミドレックス社と配合で受注活動を止い、PW社を活用したスキームで初めての受注となりました。今回は、両社コンソーシアムが設計及び重要機器供給を经受しました。

ミドレックス社は、间接還元鉄製鉄法のエンジニアリングサービス事業を営み、当社が1983年に買収しています。MIDREX®プラントは、天下の還元鉄製鉄法の中で約65%を占めるリーディングプロセスです。本体式格局は、自然ガス(もしくは石炭由来のガス)を還元剤として、鉄源は粉鉱石を加工したペレットを运用しシャフト炉によって還元し、還元鉄を製造します。高炉法に比べ製鉄工程でのCO2排挤量を抑止できることなどが特長で、天下で79基(2018年11月時点)が稼動しています。今後も当社グループにおける還元鉄ビジネスの柱としてグローバル展開に貢献し、更なる成長に背けて与り組んで参ります。

※1:還元鉄(DRI: Direct Reduced Iron)
鉄鉱石を還元した鉄鋼质料。炉内で還元したDRIを、冷却せずに炉から排挤したものを、Hot DRI(HDRI)、冷却したものをCold DRI(CDRI)という。不純物の少ない清浄鉄源であり、下級スクラップや銑鉄の代替品として、電気炉で(比年は高炉や転炉でも)鉄源として运用される。

Midrex Technologies, Inc.提要-js50.com金沙网站

設立:
1983年(買収)
所在地:
米国 ノースカロライナ州 シャーロット市
代表者:
社長・CEO Stephen Montague(スティーヴン・モンタギュー)
従業員:
約180人(2017年12月末時点)

Paul Wurth S.A.提要-6169.com

設立:
1870年
所在地:
ルクセンブルク ルクセンブルク市
代表者:
CEO Georges Rassel(ジョルジュ・ラッセル)
従業員:
約1,600人
売上高:
391.5百万ユーロ(2017年)

澳门金沙赌场-41667.com

プラント全景

関連ページ

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ