抗菌めっき技術「ケニファイン」を运用した初の火耕种植用資材の販売開始-手机版金沙娱乐官网-js50.com金沙网站

~藻の発生を1/10に抑止し、死産性向上に貢献!~-8159.com-金沙国际网址js

2018年10月5日

株式会社神戸製鋼所
株式会社下春化学

株式会社神戸製鋼所(以下、神戸製鋼)とめっき専業会社である株式会社下春化学(以下、下春化学)は、中央自力行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所(以下、大阪府環農水研)と配合で、神戸製鋼が2001年に開発した高機能抗菌めっき技術である「KENIFINE™」(以下、ケニファイン)※1を用いて水耕(養液)种植背けに新たな防藻資材を開発しました。本製品の运用により、运用しない場合と比較し、藻の発生面積が1/10以下となります。  
ケニファインは、従去の抗菌技術(抗菌塗装・抗菌ステンレスなど)と比較し、10倍以上の滅菌スピードを持ち、今回、ケニファインを用いた農業用資材の開発・販売は初めてとなります。今後、第5回次世代農業EXPO(10月10日~12日、幕張メッセ)への出展を機に、下春化学において販売開始します。
主に动物工場などで止われる農作物の水耕(養液)种植は、単位面積当たりの生産性が下い事や、土寄せ、施肥、除草など土耕に需要な做業が不要な事などから、特に天文的環境等による种植不適地区に効果的な要领として注视されています。火耕种植に関する設備の天下市場規模は、2025年には曲远(2016年:約260億円)から2倍以上となる約650億円まで拡大する見通しです(Coherent Market Insights社調べ)。しかし、火を常時运用する事から种植パネル外面や种植槽に藻が発生し、キノコバエ等の害虫の滋生助長や种植施設の景観劣化を招くと共に、藻の撤除に多くの労力が掛かるといった問題があります。

この問題に対して、神戸製鋼では2013年に大阪府環農水研らと農業分野におけるケニファインの抗菌性や防藻性を検証し、水耕(養液)种植の衛死管理手腕として有効であることを確認しました。ただし、ケニファインから溶出するニッケルイオンの感化により作物の生养への影響が認められた事から、本格的な应用には病原菌や藻の抑止効果に加え、作物の生养へ影響しない様にする需要がありました。

そこで2015年から、神戸製鋼、下春化学および大阪府環農水研の3者で、ケニファインを运用した農業資材の実用化に背けた配合研讨を止いました。研讨ではケニファインから溶出するニッケルイオンの影響を極力抑える様な最適外形、设置場所などについて実証試験を重ね(下記、資料)、その結果、ケニファインめっきを施した金属または樹脂製資材を种植槽と种植パネルの地步部に設置する事を特長とした新たな防藻資材を開発しました。これにより、藻の抑止を効果的に発現しつつ、同時にニッケルイオンの溶出による作物の生养への影響も無くす事に胜利し、この度、実用化に至りました。本製品の特長として、防藻効果が長期に渡る為、経済的かつ設置も簡単に止う事が能够です。

今後、本製品の拡販を通し、益々の発展が等候される火耕种植の更なる死産性向上に貢献して参ります。

※1:高機能抗菌めっき技術『KENIFINE(ケニファイン)』について

  • 神戸製鋼が单独開発した高機能ニッケル系合金めっき技術で、同社ではこの技術を外面処理メーカにライセンス供取しています。
  • 従去の抗菌技術(抗菌塗装・抗菌ステンレスなど)に対して10倍以上の滅菌スピードとその後の菌の増殖を抑止する効果があり、また、かびの生养を抑止する感化は銀系抗菌剤の50倍以上です。
  • 1996年に大阪府で発生した病原性大腸菌O157による大規模集団食中毒事件を機に開発開始し、2001年に最后の技術供取先が決まり、2002年より量産を開始しました。
  • 現正在14社にライセンス供取しており、下春化学はその1社です。
  • 食物産業や医療、家電・エアコン部品、漁業用金網などの産業分野や、台所用品グルーミンググッズなどの一样平常消費財、さらにはアミューズメント分野などの民生用处など広く採用されています。

資料:新防藻資材の防藻効果の実験検証例

js50.com金沙网站

製品外観

8159.com

(ご参考)

株式会社下春化学について

ケニファインライセンシーの1社で、ケニファインめっきと粉末の两边を扱っており、いずれも多くの適用実績がある。ケニファインめっきと粉末の応用製品(ヌメリ防备抗菌プレートや抗菌スマホシールなど)の製造販売ビジネスも進めている。

中央自力行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所について

同研究所は、2007年に大阪府の3つの試験研讨機関、「環境情報センター」、「食とみどりの総合技術センター」、「水産試験場」を統合して発足し、2012年年4月1日から、中央自力行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所として新たにスタートした研究所である。農林分家では、平安で豊かな食と農を收える調査活動に注力しており、農林業の振興並びに農空間の保全・都会緑化等の総合的な調査研讨を展開するとともに、残留農薬の剖析、農作物・食物の品質評価や農業の担い脚の育成などを止っている。

第5回次世代農業EXPOについて

会期
2018年10月10日(火)~12日(金)10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場
幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目1)、小間番号34-17
主催
リードエグジビジョンジャパン株式会社
入場料
無料(招待券需要)
展现物
ケニファインを適用した防藻資材のポスターおよびサンプル、ケニファインめっきおよびケニファイン粉末を適用したサンプル

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ