「舶用バイナリー発電システム」の海上試験完了、2019年度より販売開始-金沙游艺-金沙j
1233.com

船舶における排熱を应用した発電量としては最大規模!-6038.com-www.js3333.com_

2017年3月28日

株式会社神戸製鋼所
旭海運株式会社
三浦工業株式会社

株式会社神戸製鋼所(以下、神戸製鋼)、旭海運株式会社(以下、旭海運)、三浦工業株式会社(以下、三浦工業)は、2014年4月より配合で開発を進めている「舶用バイナリー発電システム」について、2015年9月の陸上試験及格に続き、昨年12月に実船搭載での海上試験に及格し、このほど一样平常社団法人日本海事協会(以下、NK)の認証を获得しました。今回の試験及格を受け、2019年度の販売開始を予定しており、4月より客先への商品PRを開始します。なお、販売窓口は神戸製鋼となります。

従去、船舶用エンジンに付属する過給機※1からの排熱は、应用される事なく廃棄されていました。本システムは、船舶用としては天下で初めてこの過給機からの排熱を熱源として発電し、その電力を船舶の補助電源などに活用するものであり、エネルギーの有効活用に貢献します。今回の海上試験では、目標であったエンジン着力7,500kW時に125kWを発電することを確認しました。これは、船舶の発電機における运用燃料の約20~25%に相称し(諸前提により変動)、船舶における排熱を应用した発電量としては最大規模となります。
3社は、本システムを通じて已应用エネルギーの有効活用を進めて参ります。なお、本研讨開発は、领土交通省の「次世代陆地環境関連技術開発增援事業」及び、NKの配合研讨テーマに採択され、協力を頂きながら実施しています。

本システム单独の特長

今回の開発における各社の役割

神戸製鋼:
舶用バイナリー発電機の開発
旭海運:
自社が一切する神戸製鋼背け大型石炭専用船「旭丸」にてシステム全部の構築
三浦工業:
熱源を回収する蒸発器(主機エアクーラーの一部)を開発
常石造船:
旭丸へのレトロフィットのためのトータルエンジニアリング

※1:過給機
ターボチャージャーのこと。エンジンに收るガスを増速し、密度を上げるもの。

金沙js21233.com

システム外観(搭載前)

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ-6038.com