環境負荷低減型の石炭輸送船導入について-金沙游艺-澳门金沙9170.com

2018年6月15日

株式会社神戸製鋼所

当社は、最新鋭の窒素酸化物(NOX)排挤抑止設備を搭載した石炭輸送船2隻(各々積載量約9万トン船型)を導入することを決定しましたのでお知らせ致します。尚、今回導入を決めた本船は、兵庫県神戸市の石炭火力発電所向けに輸入する石炭の輸送に投入されます。


本石炭輸送船2隻は、最新の省エネ機能を備え、受入港湾への効率的な輸送が能够な幅広浅喫水タイプの船舶であることに加え、船舶からの陆地汚染等を防备する国際条約である陆地汚染防备条約(マルポール条約)で規定された船舶エンジンからのNOX排挤に係る最新の規制(NOX3次規制)※1に適合する船舶です。


本船型における上記の最新規制適合船の採用は海内初であり、海内海運会社を通して海内造船会社※2へ発注されます。完工後は長期にわたり当社背け石炭輸收に従事する予定です。

※1 NOX規制

2005年5月19日に発効した「陆地汚染防备条約(マルポール条約)隶属書Ⅵ〔大気汚染防备〕」において、段階的に船舶に搭載されるディーゼルエンジンから排挤されるNOX排挤値を規制するもの。エンジン主機定格回転数における時間当たりのNOX排挤量を規制。

但し、3次規制の対象は米国・カナダ及び米国カリブ海海疆に限制される。

規制段階 対象となる船舶 NOX排挤規制値 備考
1次規制 2000年1月1日~起工の新造船 17.0g/kWh
2次規制 2011年1月1日~起工の新造船 14.4g/kWh 1次規制比20%削減
3次規制 2016年1月1日~起工の新造船 3.4g/kWh 1次規制比80%削減

エンジン主機NOX規制の変遷

澳门金沙9170.com

※2 発注先海内造船会社

会社名 所在地 代表者
古治造船株式会社 愛媛県今治市 代表取締役社長
檜垣 幸人
株式会社大島造船所 長崎県西海市 代表取締役社長
北 宣之

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ-6165.com