船舶用鋳鍛鋼部品における新技術・製品について-金沙游艺-金沙国际网址js

天下で独一、大型から小型までのスロー部材の成形における認証获得と「予熱レス高強度鋳鋼」の開発-2979.com-澳门金沙赌场-41667.com

2016年10月5日

株式会社神戸製鋼所

当社は、船舶用クランク軸の重要部材であるスロー※1の製造要领において、従来法より疲労強度を約20%向上させる「型入れ鍛造法※2」(2014年当社開発済)を用いて、天下最大クラスのコンテナ船・タンカーに搭載されるエンジン(シリンダー径80センチ以上)背け超大型クランク軸のスローに本製法を適用する事に胜利し、今年9月日本海事協会(NK)殿より設計上の余裕度であるK-factor1.05※3の認証を获得いたしました。これにより、当社材は設計段階で疲労強度において5%の余裕度が認められ、高強度な軽量部材の供应が能够となります。中・小型クランク軸スローは同認証を既に获得済であり、今回、天下で独一、大型から小型まで齐ての2サイクルエンジンにおける認証を获得した事となります。
また、船舶の舵廻り部品であるラダーホーンやラダーストック等背けの部材においても、部材の高強度化(薄肉化)による舵の狭幅化によって燃費向上が能够となります。本分野において当社は、2013年に従来品比で強度を60%向上させた质料を開発しており、この度さらに本部品と船体の溶接工程における熱処理を需要としない「予熱レス高強度鋳鋼」を開発しました。これにより、造船所での溶接工程を阻害せず高強度化(薄肉化)が図れるものと等候されます。

①大型クランク軸スロー部材の成形における「型入れ鍛造法」適用によるNK殿の認証获得

現正在、船舶業界では、排挤ガス規制強化・船舶運航時のエネルギー効率化の観点から燃費改进ニーズが下まっています。その主な方策として、推進反抗を減らした船型設計・高効率エンジンの開発があります。特にエンジン開発では、スクリュープロペラの大径化・低速回転化による低徊転域での着力効率向上が指向され、エンジンストロークは長くなり、クランク軸のスローも長大化し重量が増大しています。これに対応して、クランク軸の軽量化や疑頼性向上のため、当社は疲労強度の向上に与り組んでいます。既に、従来製法より設計疲労強度を約20%向上させる「型入れ鍛造法」を開発し、2014年に中小型クランク軸のスローにおいてNK殿の認証を获得いたしました。
大型スローへの同製法の適用には、鍛造時の需要拘谨力が下くなるという課題がありましたが、今回の認証获得に際し新設計の金型を開発し、また安宁した疲労強度を確保するため、低S化による非金属介正在物を低減した鋼を运用しています。

今後について

今後は、当社が有する高清浄度鋼の製造技術を適用し、さらに下いK-factor認証の获得を目指してまいります。
また、組立型クランク軸の更なる軽量化には、回転力(トルク)の増大に伴う、スローとジャーナルの結合局部のグリップ力(対すべり性)の確保が主要となります。これに対応すべく当社は、降伏点が下く昂贵な低合金鋼を開発し、現有エンジンにおける軽量クランク軸の図面化を実現しています。今後、K-factorを活用した高疲労強度化と单独開発鋼を組み合わせて、エンジンの下着力・コンパクト化に貢献していきたいと考えています。

②「予熱レス高強度鋳鋼」の開発

船舶における舵部品であるラダーホーンやラダーストックは、構造上船体との溶接が需要となります。
一样平常的に、溶接工程においては溶接欠陥等を防备するため、高強度材においては特に溶接の前後工程にて熱処理(予熱・後熱)が需要となります。当社は身分組成の詳細な調整により、高強度を有しながら溶接工程における熱処理を省略しても溶接欠陥が発生しない、新しい鋳鋼を天下で初めて開発しました。これにより、造船所の工程の生産性を阻害せず、高強度化が能够になると考えております。

今後も当社は、刷新的な技術・製品の開発を通じて、一層省エネ化が進む海運・造船業界の発展に貢献して参ります。

  • ※1 スロー
    クランク軸は、エンジンの往復運動を回転運動に変換しシャフトに繋がったプロペラへ動力を伝える部品の事であり、主にスローと軸局部であるジャーナルから構成される。

金沙国际网址js

  • ※2 型入れ鍛造法
    スローの成形要领の一つ。従来法の合り直げ成形ではなく、型に押し込んで成形する事で、偏析の無い下い品質を確保でき、疲労強度を従去比約20%向上させる。

2979.com

  • ※3 K-factor
    設計疲労強度の計算式における係数の一つ。今回、一般値(1.00)に対し当社の高強度材を运用の場合には1.05の係数による強度計算を認められ、その分余裕度がある事となりコンパクト化が能够となる。

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ-2979.com