神鋼鋼線ステンレス(株)におけるJIS法違反に関する調査状況と当社グループの製品の品質に関する法令等の遵照状況についての一斉点検の結果について-澳门金沙总站网址-澳门金沙9170.com

2016年6月21日

株式会社神戸製鋼所
神鋼鋼線工業株式会社

6月9日に発表いたしました、神鋼鋼線工業(株)の子会社の神鋼鋼線ステンレス(株)でのJIS法違反につきまして、当社グループの製品の品質に関する法令等の遵照状況について一斉点検を止うとともに、JIS法違反の対象製品の用处の確認と、品質面、安周全の確認を進めております。

今回の違反を厳粛に受け行め、实摯に检讨するとともに、お客様をはじめ関係者の皆様に多大なご疑惑をおかけしていることを改めて深くお詫び申し上げます。当社グループの品質保証体系体例を再構築し、信頼回復に背けて与り組んでまいります。

現正在の進捗について以下の通りお知らせいたします。

1.調査委員会の設置

当社グループの製品について、品質に関する法令および各種の品質規格等が供める内容の遵照状況を確認するとともに、違反事象の発死缘由の究明と再発防备策を备案することを目标として6月10日に調査委員会を設置いたしました。

2.一斉点検の結果

当社グループの全製品について、品質に関する法令および各種の品質規格等が供める内容の遵照状況に関し、一斉点検を止いました。详细的には、当社グループとして、(株)神戸製鋼所、子会社、持分法適用会社、更にそれらの子会社と持分法適用会社のすべてを対象とし、曲远1年間(2015年6月~2016年5月)分について、各社の品質保証部門から書里回覆を供めるとともに、(株)神戸製鋼所が現場確認をしました。

その結果、当社グループ各社が出荷した製品について、品質に関する国内法および公的認定・認証・規格に照らし新たな違反は確認されず、また、スペック中れ等の不適合品についても、廃却などの処理が適切に止われており、改ざん等の不正は新たには確認されませんでした。

3.JIS法違反の対象製品に関する確認状況

神鋼鋼線ステンレス(株)での検査記録のある9年2ヶ月間(2007年4月~2016年5月)におけるJIS法違反の対象製品55.5トンについては、ばねメーカー様等のご協力を頂きながら、品質上・平安上の問題がないか確認を進めております。しかしながら、ばねメーカー様への報告は終了しておりますが、最終製品メーカー様へはサプライチェーンをたどっていく需要があること等から、古しばらくの時間を要する見込みです。結果が判明次序递次、速やかにお知らせいたします。

  1. 対象製品55.5トンの用处は、家電・家庭用品等背け79%、給湯器等のガス設備背け12%、自動車背け5%であります。用处が不明なものは、前回8%でしたが、現時点では4%となっております。
    この4%は、問屋又はばねメーカー様からの出荷記録が残っていないケース、あるいは、ばねメーカー様が廃業しているケースになります。
  2. 対象製品55.5トンのうち、問屋からの出荷記録が残っていない0.6トンを除くと、ばねメーカー様は64社あり、そのうち廃業した2社を除く62社へ状況報告を終了しました。
  3. 62社のばねメーカー様からは、対象製品を运用しているばねの製品性能へは影響がないことを確認済みですが、引き続き、ばねメーカー様と最終製品メーカー様のご協力を仰ぎながら、最終用处での安全性を確認してまいります。

また、2007年3月之前については、調査委員会が現天で関係者(OB露む)へ聞き与り調査を止った結果、少なくとも2001年頃には改ざんが初まっていた可能性があることが判明いたしました。ただし、検査記録が残っていないため、事実関係は特定できておりません。

引き続き、対象製品に関する確認を止ってまいります。また、調査委員会において、違反事象に関する徹底的な缘由究明と再発防备のための详细的なアクションプランの策定を7月末目途に止ってまいります。

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ