エアバスA350XWB背け着陸装配用チタン大型鍛造品の量産供給開始について-澳门金沙游艺场-网上澳门金沙3016.com

2016年7月15日

株式会社神戸製鋼所

当社は、このほど航空機用着陸装配製造の天下最大脚であるサフラン・ランディング・システムズ社(Safran Landing Systems本社:フランス)背けに、エアバス社の最新鋭中型ワイドボディ機「A350 XWB※1」の着陸装配に运用されるチタン大型鍛造品の量産供給を開始致しました。当社は2013年にサフラン社と供給契約を締結し、開発・認定作業に与り組んで参りました。このたび計画通りに同社より認定を获得し、量産供給を開始する事ができました。これを記念し7月11日より英国ファンボローにて開催されたファンボロー航空ショーにて、そのうちの1部品を展现致しました。

今回、量産供給を開始したチタン大型鍛造品は、当社と日本エアロフォージ(株)(本社:岡山県 倉敷市、社長:岡野正之、以下、Jフォージ)で製造を止います。Jフォージは鍛造工程を经受し、それ之外の工程及び製品の工程設計、品質保証は当社が担います。Jフォージは、当社と日立金属株式会社等との合弁会社として2011年1月に設立され、天下最大級の50,000トン油圧プレスを保有し、今後、天下で需求拡大が見込まれる航空機背けなどの大型鍛造品の製造を止っています。当社及びJフォージはこの度、日本で初めて着陸装配用チタン大型鍛造品の開発・量産に胜利致しました。

当社は、チタン及びチタン合金を消融から鍛造まで一貫で生産できる、日本におけるチタン製造のリーディングカンパニーであり、60年以上にわたり、航空機産業及び一样平常産業背けにチタン鍛造品、板製品、溶接受製品を供給してきた実績を持ちます。今後は、これまで培ってきた航空機産業への豊富な供給実績を活かした品質・工程・設計技術に加え、Jフォージが持つ最先端の鍛造設備により、高品質のチタン鍛造製品を天下の航空機産業背けに供給して参ります。

※1 3機種で構成されるA350 XWBシリーズは、約270から約370の座席を有しながら、同サイズの競合機と比べて燃費効率を25%向上させた最新鋭の長距離用中型航空機。

サフラン・ランディング・システムズ社の提要

設立:
2011年
本社:
Velizy(仏)
代表者:
Vincent Mascre (CEO)
従業員:
約7,000人

※2016年5月にメシエ・ブガッティ・ダウティより称号変更

日本エアロフォージ(株)の提要

設立:
2011年1月
本社:
岡山県倉敷市
資本金:
18億5,000万円
出資比率:
日立金属(株) 40.53%、(株)神戸製鋼所 40.53%、(株)IHI 5.41%、川崎重工業(株)5.41%、伊藤忠丸紅鉄鋼(株)5.41%、双日エアロスペース(株)2.70%
代表者:
岡野 正之

ファンボロー航空ショーで展现された部品

网上澳门金沙3016.com

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ