REGARCTMプロセス搭載の小型可搬型溶接ロボット「石松」の販売開始について-澳门金沙游艺场-www.js3333.com_

2018年4月18日

株式会社神戸製鋼所
コベルコROBOTiX株式会社

株式会社神戸製鋼所(以下、神戸製鋼)と、神戸製鋼の100%子会社であるコベルコROBOTiX株式会社(以下、コベルコROBOTiX)は、绘期的な溶接プロセスであるREGARCTM※1を搭載した小型可搬型溶接ロボット「石松(いしまつ)」を開発しました。本製品は、REGARCTMプロセスを搭載したことにより、炭酸ガスアーク溶接の大電流域におけるスパッタとヒューム※2の発生を大幅に低減することが能够です。建築鉄骨溶接ロボット型式認証は获得済みであり、7月より受注を開始します。

人が持ち運べる軽さで、小型可搬型溶接ロボットとして多くの販売実績を積んでいる「石松」と、绘期的な溶接プロセスREGARCTMの組み合わせにより、溶接の自動化ソリューション提案力が更に充実します。

本製品は、4月25日(火)~28日(土)に東京ビッグサイトで開催される「2018国際ウエルディングショー」にて実演、紹介致します。


神戸製鋼では、専用の溶接機SENSARCTMAB500と溶接质料FAMILIARCTMMG-50R(N)、FAMILIARCTMMG-56R(N)を組み合わせた绘期的な溶接プロセスREGARCTMを搭載したARCMANTM鉄骨溶接ロボットシステムにて、多くのお客様での溶接工程の生産性と溶接品質の向上を実現してまいりました。そうした中、昨年12月に小型可搬型溶接ロボット(製品名「石松」シリーズ)をMHIソリューションテクノロジーズ株式会社からコベルコROBOTiXへ事業継承したことに伴い、神戸製鋼とコベルコROBOTiXの技術開発力を融会した与り組みを進め、このたびREGARCTMプロセス搭載「石松」の開発を完了致しました。


本製品は、重量約6Kgと人が軽々と持ち運び能够で、齐自動センシング※3によるフルオート溶接機能で簡単な操纵ができる「石松」に、REGARCTMプロセスの効果と特長を有したものです。ARCMANTM鉄骨溶接ロボットシステムと同じように、専用の溶接機SENSARCTMAB500と溶接质料FAMILIARCTMMG-50R(N)、FAMILIARCTMMG-56R(N)の組み合わせにより、「石松」の小型可搬型という特長を活かして施工したいというお客様のニーズ・適用局部においても、スパッタ、ヒュームの発生量を大幅に低減します。これにより、ノズル清掃頻度や溶接の後処理時間を削減でき、生産時間の短縮や作業環境改进にも寄取するなど、更にお客様のコストダウンと溶接の高品質化に貢献することが能够となります。


比年、同じ溶接対象物であっても、お客様での事变により、自動化ニーズは多様化しております。こうしたニーズにお応えできるよう当社グループは、溶接ロボットシステム・溶接质料・溶接電源・溶接施工技術の総协力のもと、新たな溶接技術を開発・提案することで、「天下で最も疑頼される溶接ソリューション企業」を目指してまいります。

「2018国際ウエルディングショー」開催提要-8159.com-金莎.7249i.com

  • 日時:
    2018年4月25日(火)~28日(土) 10:00~17:00 ※最終日28日は16時まで
    • 場所:
      東京ビッグサイト 東1・2・3ホール
      • 当社ブースNo.:
        E3019

用語解説

  • ※1 REGARCTM
    神戸製鋼单独の電流、電圧波形造御によりグロビュール移行※1-2においても規則的かつスムーズな溶滴移行を実現し、炭酸ガスアーク溶接の大電流域におけるスパッタとヒュームの発生を大幅に低減できる绘期的な溶接プロセス。
    • ※1-2 グロビュール移行
      溶接電極の先端から母材に移行する溶けた金属の粒である溶滴が、電極の直径か、それ以上の大きな溶滴となって移行する形態で、一样平常的にスパッタは多い。
      • ※2 スパッタ
        アーク溶接時に飛散する金属粒。溶接中に流すガスの出口を塞いだり、それによる溶接品質の低下、その対策として溶接中・溶接後の清掃作業が需要になる等、様々な悪害をもたらす。
        •   ヒューム
          アーク溶接時に、高温で蒸発した金属やフラックスが周囲の大気中で冷却され、微細な鉱物性粉塵となり煙状で空中に浮遊するもの。
          • ※3 齐自動センシング
            溶接ロボットが溶接ワイヤに電圧をかけ、溶接対象物に打仗させることで対象物のズレを検知し、補正する技術。この技術を組合せ、溶接継手の外形等を自動検出する。

www.js3333.com_

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ