神鋼鋼線ステンレス(株)におけるJIS法違反の対象製品に関する平安確認結果について-澳门金沙线上投注平台-网址-129028.com

2016年7月29日

株式会社神戸製鋼所
神鋼鋼線工業株式会社

6月9日及び21日にご報告いたしました、神鋼鋼線工業(株)の子会社の神鋼鋼線ステンレス(株)でのJIS法違反につきまして、神鋼鋼線工業(株)に対策本部を設置して対象製品(ばね用ステンレス鋼線)の用处の確認と、品質面、安周全の確認を進めてまいりましたが、その結果についてご報告いたします。

お客様をはじめ関係者の皆様に多大なご疑惑をお掛けしておりますことを改めてお詫び申し上げるとともに品質保証体系体例を見曲し、引き続き信頼回復に背けて与り組んでまいります。

平安確認について

神鋼鋼線ステンレス(株)での検査記録のある9年2ヶ月間(2007年4月~2016年5月)におけるJIS法違反の対象製品について、ばねメーカー様等のご協力を頂きながら、品質上・平安上の問題がないか確認を進めてまいりました。

対象製品は、問屋正在庫の回収により、55.3トンとなりました(前回ご報告:55.5トン)。対象製品55.3トンは、ばねメーカー様が不明な1%を除くと、64社のばねメーカー様に出荷されました。そのうち、廃業した2社の1%を除く62社(全部の98%)のばねメーカー様から、対象製品を运用して製造したばね製品の齐てが、ばねメーカー様の出荷検査に及格しており、ばね製品の机能への影響がないことを確認しました。

  1. 55.3トンの用处は、家庭用品等背け66%、家電製品背け13%、給湯器等のガス設備背け12%、自動車背け5%、用处不明4%でした。用处不明の4%の内訳は、ばねメーカー様の販売先記録が残っていないケースが2%(出荷検査記録は及格)、ばねメーカー様が廃業したケースが1%、ばねメーカー様が不明のケースが1%でした。
  2. 62社のばねメーカー様からばね製品を購入されたユーザー様を追跡調査しました。対象55.3トンのうち、2%のユーザー様の用处には、引張強度が影響しないことが確認できました。また、91%のユーザー様には、ばね製品が出荷検査を及格していること、ばね製品の机能に影響がないことをご説明し、ユーザー様から、ばね製品が平安であることのご相识を頂きました。合わせて、93%(51.2トン)につき平安を確認しました。
    なお、残り7%は以下の内訳です。
    追跡調査不克不及(用处不明など):5%、ユーザー様が平安確認中:2%
  3. 「ばね」(第4版、2008年、日本ばね学会編)にある高温焼きなまし工程による機械的特性の向上効果の記載に基づき、引張強度が規格値を4%下回る対象製品が、ばね製品の製造工程で一般止われる高温焼きなまし工程を通じて製品に取える機械的特性の向上効果を検証するための再現実験をおこないました。
    実験の結果、高温焼きなまし工程により対象製品の引張強度が向上し、ばね製品の設計時に適用される対象製品の引張強度の規格下限値を満足することが確認できました。

今後、本件については、ユーザー様が平安確認中のものを露め個別に対応いたしますが、対象製品により製造されたばね製品は、ばね製品としての机能に問題は確認されておらず、当社としては平安であると考えております。

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ