ポリプロピレン背け大型混練造粒装配の受注について-澳门金沙线上投注平台-金沙国际网址js

~当社として過去最大生産規模の装配を受注!~-6165.com-金沙澳门88128cc

2019年1月23日

株式会社神戸製鋼所

当社は、外洋の大脚石油化学プラントメーカー様背けに、ポリプロピレン背け大型混練造粒装配LCM350EXを受注しました。受注機は、当社のポリプロピレン背け装配としては過去最大となる60t/hの生産量となります。2020年に出荷する予定です。
当社は、樹脂用混練造粒装配の市場において、天下シェア37%を有し、これまで34か国に約250台の納入実績があるトップシェアメーカーです。プラスチックの天下生産量は今後も増加していくと想定されており、関連した産業機械も引き続き需求増加が見込まれております。今回の受注を契機に、年間300~500億円水平の市場規模のある樹脂用混練造粒装配市場において、更なるシェア拡大を目指します。

樹脂用混練造粒装配は、石油化学コンビナートなどの樹脂生産ラインの終盤工程に設置され、ポリエチレン、ポリプロピレンなどの各種プラスチック质料を米粒大のペレットにする装配であり、24時間連続で稼働するプラントの心臓部とも行える主要機器です。当社の樹脂用混練造粒装配(Long Continuous Mixer 略称:LCM)は、年間8,000時間の連続运用が能够な耐久性と高生産性が最大の特長です。また優れた品質を死み出す当社单独のロータ外形やゲート機構による混練度調節機能※1といった特長ある技術及びサービス体系体例などを活かして、特にポリエチレン背けでは、天下のプラントの半分以上のシェアを獲得しているトップシェアメーカーとして、石油化学プラントメーカー様から薄い疑頼を頂いています。
ポリエチレン背けでは二軸混練造粒機※2としては天下最大のロータ径のLCM560Hで生産量75t/hの大型混練造粒装配の納入実績があった一方で、これまで、ポリプロピレン背けでは中小型の装配の受注が主となっていましたが、今回、UNIPOL® PPプロセス※3を採用しているプラントにおけるこれまでの当社製品の納入実績と優れた混練机能を評価いただき過去最大生産規模の装配の受注に繋がりました。

今後も引き続きお客様のニーズに合った製品を供应し続けることで更なる事業拡大を図ってまいります。

  • ※1 ゲート機構による混練度調節機能:
    当社のLCMでは混練機の中間に縦偏向に動くバルブを設け、樹脂の充満率を調整することで、混練度を幅広く調整することを能够としています

    ※2 二軸混練造粒機:
    ポリエチレン、ポリプロビレンの混練造粒用处で現正在支流となっている2つのロータを有する混練機

    ※3 UNIPOL® PPプロセス:
    W. R. Grace and Companyをプロセスライセンサーとするポリプロピレンの生産プロセス

樹脂用連続混練造粒装配の市場規模

重要市場:
アメリカ合衆国、中華人民共和国など
発注台数:
年間20~30台水平(300~500億円)※アフターサービスは除く
当社累計納入実績:
約250台(2018年12月時点)

連続混練造粒装配の提要

金沙国际网址js

今回受注したLCM-EXシリーズの3Dイメージ

6165.com

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ-6165.com