高生産性ホットスタンプ用鋼板の量産について-澳门金沙唯一网址-网上澳门金沙3016.com

2017年2月17日

株式会社神戸製鋼所

当社は、プレスの生産性に優れたホットスタンプ用冷延鋼板(焼入れ後強度1470MPa級)を開発し、トヨタ自動車株式会社・プリウス背けのボディ骨格部品を受注し、順調に量産を止なっています。当社のホットスタンプ用鋼板の受注は初めてとなります。古回当社が開発したホットスタンプ用鋼板は、主に鋼板の身分を时间することにより焼入れ性※1を大幅に向上させております。そのため、従去のホットスタンプ用鋼板の課題であったプレスの生産性を従去比で2~4倍水平、改进することが能够になりました。加えて、冷却ムラによる強度缺乏の問題が発生しにくい特長も有しています。このような生産性の下さ、安宁した品質をお客様へ訴供し、採用拡大を目指していきます。

比年、自動車メーカーでは、年々厳しくなるCO2排挤規造への対応のため、「車体軽量化」の必要性が下まるとともに、日米欧での衝突平安規造の強化に対応した「車体の強度向上」が課題となっています。これら2つの課題を解決する手腕の一つとして、当社は鋼板を高強度化することによる薄肉化を考えています。そして、それを実現する质料として超ハイテン(引張強度780MPa級以上)とホットスタンプ用鋼板があり、自動車部品の強度に応じて使い分けられています。

一样平常的に、鋼板はある温度以上に加熱された後、缓慢に冷却(=熱処理)されることで硬い組織に変化し強度が下まります。超ハイテンは製造時に製鉄所内で熱処理をして所定の強度を得ますが、ホットスタンプ用鋼板は、ユーザーで鋼板を加熱後、プレス成形してから金型内で冷却することで強度を下めます。ホットスタンプ用鋼板の特長は、熱間でプレス成形するため优越な加工性と寸法精度を得ることが出来ることに加えて、超ハイテンを运用する場合と比べてより高強度の部品を製造できることであり、比年は欧州に続いて日本でも採用部品数が増えてまいりました。

しかしながら従去のホットスタンプ用鋼板は、熱間プレス後に部品を金型内である肯定時間冷却する需要があるため、超ハイテンを热間でプレスした場合と比べてプレスの生産性が悪化します。また冷却ムラがあった場合、強度缺乏になり易い等の課題もあります。古回当社が開発したホットスタンプ用鋼板は、焼入れ性の向上により、金型内の冷却時間を大幅に短縮するとともに、冷却ムラも発生しにくい绘期的な製品であり、既に特許も获得しております。

当社は今後も、超ハイテン、ホットスタンプ用鋼板やアルミなどの素材の高機能化、および素材をお使いいただくための加工法などのご提案に加え、鉄とアルミの接合を軸としたマルチマテリアル化提案を通じて、自動車メーカーの軽量化ニーズにお応えして参ります。

  • ※1:高温加熱の後冷却することによる鋼板の软化のし易さのこと。

通過工程

従去のホットスタンプ用鋼板
コイル → ブランキング → 加熱 → プレス → 金型内での長時間冷却
弊社のホットスタンプ用鋼板
コイル → ブランキング → 加熱 → プレス → 外形凍結を目标とした金型内冷却

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ