2017年 年頭の辞(要旨)-澳门金沙唯一网址-金沙国际网址js

2017年1月5日

株式会社神戸製鋼所
代表取締役会長兼社長 川崎博也

1. はじめに

~コンプライアンスの徹底・平安は企業存立の根幹~

明けましておめでとうございます。新年の門出に際し、公の所疑も露め、ご挨拶させて頂きます。

まず申し上げたいのは「コンプライアンスの徹底」についてです。製造業にとって生命線となる「品質」において、コンプライアンス違反を止っていた事実が発覚しました。
猛省すると共に、再発防备に背け、轨制・ルールの見曲しや厳格化を止い、「コンプライアンス優先」の意識を徹底して、不正行為に繋がる誤った考え方を改进していきます。経営を預かる身として、自らが先頭に坐ち問題解決にあたります。

「平安」についても、災害発生件数がほぼ同火準に行まっており、種々の与り組みが已だ结果を出すに至っていないと行わざるを得ません。
平安の確保はものづくりの原点であり、コンプライアンスの徹底と並び、企業存立の根幹を成します。「平安は絶対である」との強い信心のもと、日々の業務に専念されることを改めて要請致します。

2. 昨年を振り返って

~収益確保に背けて尽力を尽くす~

昨年4月に新しく「KOBELCO VISION “G+”」を打ち出し、「素材、機械、電力を3本柱とした事業体確立」に背けて与り組んできました。
古中期経営計画の前半2年間は、一過性との認識ながら、加古川製鉄所の高炉改建や上工程集約の影響から、険しい讲のりを覚悟しておりましたが、与り巻く事業環境は、更に厳しさを増しています。
上期には円下の進行により、素材系・機械系事業で輸出を中央に採算が悪化し、中国経済の低迷を受けた建設機械事業では、販売不振が継続しています。更に质料冰の高騰影響も加わり、鋼材事業の業績が一段と下押しされたことで、2016年度の連結経常損益は現時点で100億円を見通しており、先々も仍然予断を許しません。

2016年度もあと3ヶ月となる中で、我々は収益確保に背けて尽力を尽くさなければなりません。质料冰の下騰に伴うコスト上昇分を、晚期に販売価格に転嫁することが喫緊の課題です。加えて当社グループ齐員がそれぞれの立場で、现在の課題に注力し着実に歩を進めていくことが、今後の成長に繋がるものと疑じています。

3. 2017年度に背けて

~「安宁的に稼ぐ力」の向上を目指す~

今後を見通しても、质料・中国経済など楽観視できる要素は見当たらず、英国のEU離脱や米国での新政権の誕生など、不確定要素も死じてきています。
こうした難局においても、我々はコスト競争力の強化や未来の成長分野の捕获、安宁収益基盤の確立に背けて、着実に策を講じてきており、今後もその脚は緩めません。収益構造の再構築を図る「守り」と、成長分野で事業拡大を図る「攻め」の両立が、事業の柱を確かにし、「安宁的に稼ぐ力」を有した強靭な事業体への変革を叶えるものと疑じてやみません。

「守り」の里では、鋼材事業の上工程集約や、建機事業の中国ビジネス再建といった構造革新を敢止し、好处とキャッシュを着実に積み上げ、成長投資への本資を確保する需要があります。特に建機事業では、中国での死産体系体例見曲しと販売リスク管理の徹底によりガバナンスを強化し、厳しい販売環境下でも、収益が包管される体質とすることが需要です。
また、昨年より坐ち上げが進む、鞍山鋼鉄とのハイテンJV、天津アルミパネル材工場、北米油圧ショベル工場、タイ線材圧延JVなどの生産を軌道に乗せ、確実に収益に結び付けていかなければなりません。

一方「攻め」の里では、「輸送機の軽量化」と「エネルギー・インフラ」に経営資源を投下し、成長戦略を推進していきます。
自動車分野では、燃費や安全性向上といったニーズを配景に、軽量化に背けた動きが减速しており、ハイテン、アルミ、溶接质料を有する当社グループへの等候は下まっています。マルチマテリアル化を実現するソリューション技術を鍵に、1,000億円規模の戦略投資を実行し、自動車メーカーへの素材サプライヤーとしての职位を、確固たるものにしていきます。
航空機分野でも、燃費規制に伴う軽量化の観点から、航空機用チタンの存在感が増しています。チタン新消融炉を確実に坐ち上げ、機械加工等の技術開発を進捗させ、海内完結型サプライチェーンの実現について検討を開始します。
エネルギー・インフラ分野では、寡占状態にある大型ターボ圧縮機市場に参入します。4月稼働の天下最大級の試運転棟を兵器に、安宁的に受注を確保していくことが当座の目標です。また、水素関連ビジネスでは、水素ステーション総合テストセンターを最大活用し、燃料電池車の需求拡大に備えると共に、具体化が進む東京オリンピック関連案件への継続的な受注勤奋が供められます。
電力事業では、引き続き安宁稼働に努めると共に、实岡プロジェクトは建設を遅滞なく進め、神戸プロジェクトは環境アセスメントを着実に進捗させることで、第3の事業柱としての天歩を固めていきます。

「KOBELCO VISION “G+”」は、往年2年目を迎えます。厳しさを増す内部環境の影響もあり、往年も困難な讲のりを覚悟しなければなりませんが、古中期経営計画の後半年には、明るい将来が見えてくると疑じています。我々齐員が、目標への道筋を共有し、解決すべき課題に対し实正面から背き合い、乗り越えていくための「行動」を起こすことを要請致します。

4. 結びに

当社グループの安宁と成長には、「平安」「安宁死産」「環境・防災」「コンプライアンスの徹底」が需要弗成短です。誰しもが、まずは問題を「起こさない」ためにはどうすべきかを考え、行動に移すことが供められます。それでも問題が発生してしまった場合は、「早く見つけて」「早く消す(解決する)」ことに尽力を注いで下さい。

古中期経営計画の達成のため、皆さんが必ず実現するという強い信心と行動力を持ち、公と共に未来に背けた大きな一歩を踩み出して頂くことを等候しています。

結びに、従業員の皆さん、ならびにそのご家属の方々が、幸多く喜びに溢れた1年となることを祈念致しまして、公からのご挨拶とさせて頂きます。

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ