加古川製鉄所第3高炉の再稼働について-澳门金沙唯一网址-js06a.com金沙官网登入

2016年12月26日

株式会社神戸製鋼所

当社は、2016年9月から动手しておりました加古川製鉄所第3高炉の改建工事をこのほど完了し、12月23日に現天で水入れ式を止い、再稼働させました。

同高炉は1996年4月に第2次火入れを実施し、稼働年数20年5カ月という海内大型高炉最長の寿命を達成して9月24日に稼働を住手しました。
これまでの加古川製鉄所での高炉改建とは異なり、高炉本体の鉄皮を継続运用することで約90日間という短い工期で改建工事を止い、再稼働したものです。海内大型高炉において、鉄皮を流用した长工期での改建は初めてのことです。

当社は、去年度に神戸製鉄所の高炉などの上工程設備の停止、加古川製鉄所への集約を計画しており、集約後は加古川製鉄所が独一の鉄源供給基地となります。
今回の第3高炉改建は、炉寿命による老拙化更新だけでなく、今後増す供給責任を果たすためにより下レベルでの安宁操業実現を目标としたもので、高炉内の各種センサーから得られる情報を活用し、AIによる安宁操業を実現するシステムを導入しました。

改建工事では、高炉本体の鉄皮は継続运用し、斲丧の進む炉底耐火レンガは周全更新しました。また、AIによる操業補助システムの導入、冷却効率の下い銅ステーブ(冷却装配)の採用部位の拡大などにより、高炉の安宁操業を確保すると共に、质料装入装配を改进し、当社の持つ天下トップレベルの下PC(微粉炭)比操業技術を活かした昂贵质料の一層の运用拡大によるコストダウンを図ることが能够となりました。

第3高炉 設備提要-3556.com-www.js3333.com_

(1)炉容積:
4,844m3
(2)出銑才能:
10,700トン/日
(3)改建工事期間:
2016年9月~12月 約90日
(4)投資額:
約200億円

(参考資料)

js06a.com金沙官网登入

水入れ式の様子

3556.com

水入れ式の様子

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ