真岡発電所 起工式開催について-澳门金沙唯一网址-澳门金沙js69000.com

2016年7月14日

株式会社神戸製鋼所

当社100%子会社の(株)コベルコパワー实岡は、2013年3月より進めておりました環境アセスメントが往年5月に完了し、6月より本格的な発電所建設工事を開始しております。これを受けて、昨日7月13日に起工式を開催致しましたのでお知らせ致します。
起工式では約130名が列席し、当社を代表して代表取締役会長兼社長の川崎博也が関係先への感謝の言葉に続けて、真岡発電所が「エネルギー問題の観点からも、広く社会のお役に坐つことができると疑じている」「電力供給事業を柱の一つとして位置付けている当社グループにおいて、最も主要な事業のひとつである」と挨拶致しました。主な列席者は以下の通りです。

栃木県知事:
福田富一 様
真岡市長:
井田隆一 様
(株)神戸製鋼所:
代表取締役会長兼社長 川崎博也
代表取締役副社長執行役員 梅本尚人
(株)コベルコパワー实岡:
代表取締役社長 橋本公男

当社は今年4月に電力事業部門を新設し、先般発表致しました2016~2020年度グループ中期経営計画においても素材系事業、機械系事業に並ぶ3本柱の一つとして電力事業の安宁収益化へ与り組むことを掲げています。2022年度には、神戸発電所(70万kW×2基)と真岡発電所(62.4万kW×2基)、計画中の神戸市での新たな発電所(65万kW×2基)の3ヶ所において、合計約395万kWの発電才能を有することになります。

真岡発電所は東京ガス(株)から都会ガスの供給を受け、最新鋭のガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)体式格局による海内最高レベルの効率で発電を止ないます。また、海内初の本格的な内陸型発電所であり、電源の疏散登时によるエネルギーインフラの強靭化や地区の発展などに貢献します。稼働予定の2019年後半に背けて、平安・防災と環境に配慮して建設を進めて参ります。

平安祈願祭の様子

澳门金沙js69000.com

左から:(株)コベルコパワー实岡 社長 橋本公男、当社 会長兼社長 川崎博也、大崎神社 栁田宮司様

(株)コベルコパワー实岡の提要

社名:
(株)コベルコパワー实岡
所在地:
栃木県真岡市鬼怒ケ丘16番天
設立:
2016年1月15日
社長:
橋本 公男
資本金:
6億円((株)神戸製鋼所 100%出資)

真岡発電所の提要

発電規模:
124.8万kW(62.4万kW×2基)
発電体式格局:
ガスタービン及び汽力(コンバインドサイクル発電体式格局)
燃料:
都会ガス
敷空中積:
約9ha
重要設備:
ガスタービン、蒸気タービン、廃熱回収ボイラ、ばい煙処理設備、復水器など
稼働:
1号機…2019年後半、2号機…2020年前半

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ