AI活用の専任組織「AI推進プロジェクト部」の新設について-澳门金沙集团网址-金莎.7249i.com

2018年9月27日

株式会社神戸製鋼所

当社は2018年10月1日付で、野生知能(AI)を活用して製品開発力とものづくり力の強化を目指す専任組織「AI推進プロジェクト部」を技術開発本部内に新設します。産業界におけるAI技術の応用が缓慢に進む中、当社の幅広い事業分野で培われた多様な経験と専門性を持つ技術者約20名を専任者として设置し、事業競争力の根幹である质料や機械製品の開発とものづくりにおいて、他社との差別化が能够となる技術の確立を目指します。

当社では1980年月より、製鉄のプロセス造御分野を主としてAIを活用してきました。2016~2020年度グループ中期経営計画においては、対象範囲を拡大させ、ものづくり力の刷新に背けてデータ活用活動※1を推進し、ディープラーニングを使った画像認識やテキストマイニング※2などの活用にも与り組み初めました。

今回さらに、「AI推進プロジェクト部」の発足とともに、AIの活用範囲を製品開発力の向上にも拡大させ、下記2点を中央に与り組んでまいります。

1. 製品開発力の向上-7727.cc

新たに製品開発のプロセスにもAIを活用し、多様な製品開発の経験を活かした特長あるデータベースを強みとして、開発のさらなる効率化と高度化を実現します。

特に、マテリアルズインフォマティクス技術※3については、オープンイノベーションにも力を入れる事で天下最先端の技術を獲得し、当社が強みとしている幅広い质料知見と融会させた刷新的な质料開発技術の構築を目指します。

また、「AI推進プロジェクト部」の活動を通じて素材事業の競争力のさらなる強化を進め、当社の推進している「輸送機の軽量化」にも貢献します。

2. ものづくり力強化に貢献するソリューション開発力の向上-澳门金沙总站6556.com

プロセスの異常診断技術や予知保全技術、製品検査の自動化など、ものづくり力強化のためのソリューション開発においては、優れた技術や製品を保有する社外パートナーと連携します。それにより課題解決の速度を飛躍的に向上させ、得られた结果の定着とグループ内への横展開を「AI推進プロジェクト部」が增援することで、効率的にものづくり力の強化に貢献します。

また、当社電力事業部門の火力発電所の運転增援への活用にも动手します。

幅広い事業分野を有する当社ならではの価値供应を目指し、多様な経験と専門性に加えAI技術にも醒目する人才の充実にも力を入れて、今後もさらなるAI活用を推進してまいります。

※1 データ活用活動:大量のデータを効率よく処理し、有効活用する活動

※2 テキストマイニング:テキストデータにデータ剖析技術を用いて无益な情報を与り出すこと

※3 マテリアルズインフォマティクス技術:計算科学と情報科学を駆使して新材料を効率的に開発する技術

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ-澳门金沙总站6556.com