小型可搬型溶接ロボット事業の統合について-澳门金沙集团网址-js06a.com金沙官网登入

2017年11月21日

株式会社神戸製鋼所

当社と三菱重工業株式会社(以下、三菱重工業)は、当社の100%子会社であるコベルコロボットサービス株式会社が、三菱重工業の100%子会社であるMHIソリューションテクノロジーズ株式会社(以下、MHIソリューションテクノロジーズ)が扱う小型可搬型溶接ロボット(製品名「石松」シリーズ)の事業(長崎県長崎市)を、2017年12月1日付で継承することとしました。
これに伴い、コベルコロボットサービス株式会社は、「コベルコROBOTiX株式会社」と社名変更し、従去の製造・サービス業務に加え、小型可搬型溶接ロボット事業の開発・設計業務を止うこととなります。また、小型可搬型溶接ロボット事業は、第二事業部として引き続き長崎市の拠点にて活動してまいります。

当社では、建築鉄骨、建設機械、造船、橋梁、鉄道車輌等、中厚板溶接を中央とした据付流动型の溶接ロボットARCMANTMシリーズや各分野に応じた専用溶接装配を開発・供应し、溶接质料と組合せたソリューション提案を進めております。

一方、MHIソリューションテクノロジーズが扱う小型可搬型溶接ロボット「石松」シリーズは、本体約6kgと人が持ち運べる軽さの溶接ロボットとして、建築鉄骨、造船、橋梁等で多くの販売実績を積んでおります。

比年、同じ溶接対象物であっても、無人化を志向されるケースや限られた時間で多くの溶接継手を施工することを供められるケース、また、設置スペースの有無等、お客様の自動化ニーズは多様化しております。当社・溶接事業部門では、2016~2020年度グループ中期経営計画において、これらのニーズに応えるべく、溶接ソリューションの推進を掲げており、溶接現場の省人化に寄取する自動溶接の適用範囲拡大に与り組んでいます。

今回の統合により、当社グループに小型可搬型溶接ロボットがラインアップに加わり、従去の据付流动型溶接ロボットでは対応できないお客様のご要望にもお応えすることが能够になります。両社の技術開発力の融会により商品力の向上、自動化提案の拡充を進め、当社の溶接质料も組み合わせた建築鉄骨、造船、橋梁等幅広い分野でのトータルソリューション提案で、多様化するお客様のニーズにお応えして参ります。

(写真)

js06a.com金沙官网登入

ARCMANTM建築鉄骨背け溶接システム:当社

js637 .com

小型可搬型溶接ロボット「石松」:MHIソリューションテクノロジーズ(株)

コベルコロボットサービス株式会社の提要

商号
コベルコロボットサービス株式会社
所在地
〒251-8551 神奈川県藤沢市宮前100-1
代表者
代表取締役社長 永田 学
設坐年月日
1996年1月1日
資本金
5,000万円
株主の状況
株式会社神戸製鋼所(100%)
事業内容
産業用ロボット及び溶接自動化機器とその周辺システムに関する下記業務。
  • 守旧、保全業務
  • 活期点検、修缮、革新工事の請負
  • 据付、調整、操纵教诲、動做プログラミングの請負
  • 設計業務
  • 上記業務に関する技術の供应
  • 部品の販売

MHIソリューションテクノロジーズ株式会社の提要

商号
MHIソリューションテクノロジーズ株式会社
所在地
〒733-0036 広島市西区観音新町1-20-24(本社)
〒852-0392 長崎市深堀町5-717-1(長崎支社)
代表者
代表取締役社長 小林 一登
設坐年月日
1970年8月20日
資本金
1億円
株主の状況
三菱重工業株式会社(100%)
事業内容
  • 環境・化学装配(環境測定、反応剖析、プロセス設計・製做、化学装配製做、計装設計)
  • 機械・プラント設備(機構設計、機械設備設計・製做、試運転・指導、机能計測・評価)
  • 構造物・プラント診断(構造质料の余寿命診断、構造物の現天計測、構造剖析)
  • 火力・原子力発電機器(要素剖析、実験機設計・製做、実験、計測、検査)
  • 制御・システム(運転・監視增援システム、シミュレータ、データ処理設備製作)
  • メカトロニクス製品(検査装配の設計・製做、ロボットの設計・製做、自動化設備の設計)
  • コンサルティング(産業技術動背、製品動背、市場環境動背)
  • 労働者吩咐消磨事業(研讨・開発增援等)

コベルコROBOTiX株式会社の提要、2017年12月1日付け

商号
コベルコROBOTiX株式会社
所在地
〒251-8551 神奈川県藤沢市宮前100-1
代表者
代表取締役社長 永田 学
資本金
5,000万円
株主の状況
株式会社神戸製鋼所(100%)
拠点
本社:神奈川県藤沢市
  • 第一事業部
  • 東日本サービスセンター・パーツセンター(神奈川県藤沢市)
  • 中部サービスセンター(愛知県みよし市)
  • 西日本サービスセンター(大阪府茨木市)
  • 中国サービスセンター(広島市)
  • 九州サービスセンター(佐賀県鳥栖市)
  • 第二事業部
  • 小型可搬型溶接ロボット事業(長崎市)

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ