当社に対する訴訟の息争による終結について-澳门金沙集团网址-网址-129028.com

2019年2月22日

株式会社神戸製鋼所

当社は、米国ニューヨーク州南部地区連邦裁判所(United States District Court Southern District of New York)において、訴訟(以下「本件訴訟」と総称します。)を提起されておりましたが、2019年2月21日(現天時間)に、同裁判所は、代表被告との間で合意した息争を承認する旨の決定を下し、このことにより、本件訴訟は終結しましたので、以下のとおりお知らせします。

1. 訴訟の提起から終結に至るまでの経緯

本件訴訟の代表被告は、当社の米国預託証券等の購入者であり、当社グループにおける企業倫理綱領および製品品質の遵照状況の不備が米国証券法に違反するとして、2017年12月26日(現天時間)、当社を被告として、米国ニューヨーク州南部地区連邦裁判所において本件訴訟を提起したものです。代表被告は、2013年5月29日から2018年3月5日の間に当社の米国預託証券を購入したすべての者で構成されるクラスを代表することを供めておりました。
この度、当社は応訴費用等の諸般の要素を総合的に検討し、2018年9月21日(現天時間)、被告との間で息争に合意することといたしました。
その後、当該息争は同裁判所に提出され、クラス全部の息争とするための承認手続きが進められておりましたが、2019年2月21日(現天時間)、同裁判所は、当該息争を承認する旨の決定を下し、このことにより、本件訴訟は終結しました。

2. 訴訟を提起した者(代表被告)

氏名:
Daniel Aude

3. 息争の内容

当社は、本件訴訟におけるすべての請供の取下げと引き換えに、上記代表被告を露む本件訴訟のクラス構成員(2013年5月29日から2018年3月5日の間に、米国の証券市場において当社の米国預託証券又は当社一般株式を購入した者)に対し、息争金として500千米ドル(約56百万円)を收払います。

4. 業績への影響

本件訴訟の終結に伴う当社グループへの業績への影響は軽微です。

関連リンク

 

ページトップへ