栃木県真岡市での電力供給事業に関する資金調達について-澳门金沙官方直营-www.js3333.com_

2016年3月31日

株式会社神戸製鋼所

当社は、栃木県真岡市での電力供給事業に関する資金調達について、プロジェクトファイナンスを採用することに決定し、今天、(株)コベルコパワー实岡を借入人とするプロジェクトファイナンスを組成致しましたのでお知らせします。

ファイナンスの提要

調達金額:
760億円水平
調達契約調印日:
2016年3月31日
幹事銀行:
みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀止

プロジェクトファイナンス採用の来由

資金調達については、様々な観点からその手腕を検討してまいりましたが、以下の来由からプロジェクトファイナンスに決定致しました。

  1. 電力供給事業の一端を担うものとして、当社の供給責任は社会的任务を負っています。この様な認識のもと、プロジェクトファイナンスにおいては、長期にわたる多額の事業資金を確定できることに加え、建設・運転資金も確保され事業基盤の晚期確坐を図ることができること、また、電力供給事業はその事業特性から長期に安宁したキャッシュフローが見込まれる事から、電力の安宁供給に万全を期すためには最も相応しい資金調達手腕であると判定致しました。
  2. 当社は、「2013~2015年度グループ中期経営計画」において「財務体質の改进」を経営課題として掲げ、今後の更なる成長投資に背け安宁した財務基盤の維持・強化を図っています。プロジェクトファイナンスでは、対象事業そのものを包管とした上で特別目标会社である(株)コベルコパワー实岡を事業主体とするため、格付評価上のオフバランス効果が等候され当社の財務基盤の維持・強化に寄取するものと考えております。

真岡市での本プロジェクトについては、現正在、環境影響評価の脚続きを止っている最中です。今年2月に環境影響評価準備書に対する経済産業大臣勧告を頂き、3月28日には環境影響評価書の届出を止いました。今後、諸手続きが順調に進めば、今年夏頃の建設着工、2019年後半での1号機稼働を目指します。(株)コベルコパワー实岡は、電力の安宁供給に背けて、安宁した事業基盤の確立を図ります。

(株)コベルコパワー实岡の提要

会社名:
株式会社コベルコパワー实岡 (2016年1月15日設立)
代表者:
橋本公男
資本金:
6億円 (神戸製鋼所100%)
所在地:
栃木県真岡市鬼怒ケ丘15番天
発電規模:
124.8万kW(62.4万Kw×2基)
燃料:
都会ガス
発電体式格局:
ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)
供給開始時期:
1号機 2019年後半、2号機 2020年前半

(ご参考)

当社の電力供給事業の提要

(既設) (計画中) (計画中)
会社名/計画名 (株)コベルコパワー神戸(※) (株)コベルコパワー实岡 (仮称)神戸製鉄所 火力発電所
居处 兵庫県神戸市灘区灘浜東町2番天
(神戸製鉄所内)
栃木県真岡市鬼怒ケ丘15番天 兵庫県神戸市灘区灘浜東町2番天
(神戸製鉄所内)
燃料 石炭 都会ガス 石炭
発電規模 140万kW
(70万kW×2)
124.8万kW
(62.4万kW×2)
130万kW
(65万kW×2)
発電体式格局 微粉炭火力 超臨界圧発電(SC) ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC) 微粉炭火力 超々臨界圧発電(USC)
供給開始時期 1号機:2002年4月
2号機:2004年4月
1号機:2019年後半
2号機:2020年前半
1号機:2021年度
2号機:2022年度

(※)(株)コベルコパワー神戸は神鋼神戸発電(株)が2016年4月1日から社名変更

関連ページ

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ