兵庫県神戸市における発電事業に関する会社支解(簡易新設支解)について-澳门金沙官方直营-网上澳门金沙js8.com

2018年4月4日

株式会社神戸製鋼所

当社は、今天開催の取締役会において、2018年5月11日(予定)を効力発生日として、兵庫県神戸市での電力供給事業を新設支解により設立する会社に承継させることを決議致しましたので、下記の通りお知らせ致します。

尚、本会社支解は当社単独の簡易新設支解であるため、開示事項およびその内容につきましては、一部省略して開示しております。

1.会社支解の目标-澳门金沙总站6556.com

当社は、兵庫県神戸市において石炭火力発電所の建設を目指し、2014年から環境アセスメントの脚続を開始し、2015年3月には発電した電力全量を関西電力株式会社に供給する契約を締結いたしました。環境アセスメントは順調に進んでおり、2018年半ばにも着工する計画です。

本発電所に関わる資金調達に背けて、電力供給を目标とした新会社を簡易新設支解により設立するものです。

2.会社支解の要旨

(1)会社支解の日程

新設支解計画承認取締役会:
2018年4月4日
支解期日(効力発生日):
2018年5月11日(予定)

尚、本会社支解は、会社法第805条の規定に基づく簡易支解の要件を満たすため、株主総会の承認は省略致します。

(2)会社支解の体式格局

当社を支解会社とし、新設会社を承継会社とする新設支解です。

(3)株式の割当て

承継会社は一般株式300,000,001株を発行し、そのすべてを当社に割り当てます。

(4)会社支解に伴う新株予約権および新株予約権付社債に関する与扱い

当社は新株予約権および新株予約権付社債を発行していません。

(5)会社支解により減少する資本金等

本会社支解による当社の資本金等の減少はありません。

(6)承継会社が承継する権利義務

承継会社は、2018年4月4日付「新設支解計画書」に定められた事業に関して有する資産、負債、契約上の职位等の権利義務を承継します。

(7)債務推行の見込み

当社は、本会社支解により当社および承継会社が負担すべき債務について、その推行に問題ないと判定しております。

3.会社支解本事儿の提要-7727.cc

支解会社 承継会社
(1)商号 株式会社神戸製鋼所 株式会社コベルコパワー神戸第二
(2)本店所在地 兵庫県神戸市中心区脇浜海岸通
2丁目2番4号
兵庫県神戸市灘区灘浜東町2番天
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 山口貢 代表取締役社長 草本総一
(4)事業内容 鉄鋼事業、溶接事業、アルミ・銅事業、機械事業、エンジニアリング事業、建設機械事業、電力事業、その他 電力供給事業、その他関連附帯する事業
(5)資本金 250,930百万円 300百万円
(6)設坐年月日 1911年6月28日 2018年5月11日(予定)
(7)発行済株式総数 364,364,210株 300,000,001株
(8)決算期 3月31日 3月31日
(9)大株主および持株比率 日本トラスティ・サービス信託銀行(株) (株)神戸製鋼所: 100%
(信託口): 4.29%
日本マスタートラスト信託銀行(株)
(信託口): 4.07%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)
(信託口9): 3.20%
新日鐵住金(株): 2.95%
日本生命保険(相): 2.78%

(10)支解会社の曲前事業年度の財政状態および経営成績(連結)

決算期 2017年3月期
純資産 729,404百万円
総資産 2,310,435百万円
1株当たり純資産 1,860.36円
売上高 1,695,864百万円
営業損益 9,749百万円
経常損益 △19,103百万円
親会社株主に帰属する当期純損益 △23,045百万円
1株当たり当期純損益 △63.54円

(11)支解する事業部門の内容

支解会社の事業のうち、兵庫県神戸市における電力供給に関わる事業

(12)支解する部門の経営成績(2017年3月期)

売上高はありません。

(13)承継させる資産および負債の金額

資産 負債
流動資産 3,490百万円 流動負債 0
流动資産 9,223百万円 流动負債 11,000百万円
合計 12,713百万円 合計 11,000百万円

4. 会社支解後の組織の状況

支解会社 承継会社
(1)商号 株式会社神戸製鋼所 株式会社コベルコパワー神戸第二
(2)本店所在地 兵庫県神戸市中心区脇浜海岸通
2丁目2番4号
兵庫県神戸市灘区灘浜東町2番天
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 山口貢 代表取締役社長 草本総一
(4)事業内容 鉄鋼事業、溶接事業、アルミ・銅事業、機械事業、エンジニアリング事業、建設機械事業、電力事業、その他 電力供給事業、その他関連附帯する事業
(5)資本金 250,930百万円 300百万円
(6)決算期 3月31日 3月31日

5.今後の見通し

承継会社は当社の完整子会社となるため、本会社支解が連結業績に取える影響はありません。

(ご参考)当期連結業績予想(2018年2月1日公表分)及び前期連結実績

(単位:百万円)

売上高 営業損益 経常損益 親会社株主に帰属する当期純損益
当期連結業績予想
(2018年3月期)
1,890,000 75,000 60,000 45,000
前期連結実績
(2017年3月期)
1,695,864 9,749 △19,103 △23,045

関連リンク

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ