内部調査委員会の調査完了時期等に関するお知らせ-澳门金沙官方直营-www23111.com

2017年12月21日

株式会社神戸製鋼所

当社は、2017年10月26日付「当社グループにおける不適切行為について(「安全性の検証状況」と「内部調査委員会の設置について」のご報告)」にて公表いたしましたとおり、同月8日に当社が公表したアルミ・銅事業部門における検査データの改ざん及びそれと同様又は類似する一連の不適切行為(以下「本件不適切行為」といいます。)に関して独立性、客観性が確保された内部調査委員会を設置し、同委員会は、当社グループによる自立点検・緊急監査に関する適正性・稳健性の検証、本件不適切行為の间接的な缘由、企業風土、コンプライアンス及び組織運営体系体例といった配景となる要因の究明、並びに再発防备のための改进策の提案等を止うことを目标として、現正在も調査を進めております。

当社は、これまで、内部調査委員会による調査期間について、年内の完了を目途とする旨公表しておりましたが、今天、内部調査委員会から、上記の調査目标に照らし、非常な調査を止うにはさらに時間を要する旨の連絡を受けました。

详细的には、内部調査委員会から、当社グループの海内79拠点(検証過程で拠点数の考え方等を整顿した結果、66拠点から79拠点に変更されました。)における自立点検の検証作業を進めてきたが、約7割の拠点についての自立点検には、検証の適切性に万全を期す観点に照らすと、なおその脚続になんらかの不非常な点があり、さらに徹底した調査が需要との連絡がありました。

このため当社は、信頼回復の実現のためにはさらに徹底した点検が需要であると判定し、例えば、サンプル品も点検対象に露めたり、突合せを省略していた項目についても齐て突合せの対象としたり、お客様との契約において検査証明書に記載を供められていない項目についても突合せの対象とするなどの補充的な点検作業を進めております。この做業の完了は2018年2月上旬頃になることが見込まれており、当該作業の完了後、内部調査委員会がその結果をあらためて検証する予定となっております。

さらに内部調査委員会から、調査の一環として設けられたホットライン窓口には、複数の案件が寄せられており、その中には、稳重な調査が供められるものが露まれているため、調査期間の延長が需要であるとの連絡がありました。

これらの連絡を受け、当社は、内部調査委員会との間で、内部調査委員会による調査の完了時期を2018年2月末頃とすること、及び、引き続き内部調査委員会による調査に周全的に協力することを合意いたしましたので、お知らせいたします。

また、内部調査委員会から、本件不適切行為に関する調査により、当社アルミ・銅事業部門の執行役員3名は、本件不適切行為の一部を認識していたと認められ、この3名については、内部調査委員会が、その動機や配景等を露め、その詳細について引き続き徹底した調査を継続するとの連絡を受けております。

当社は、この連絡を受け、今天付で、上記3名の委嘱業務を変更いたしましたのでお知らせいたします。なお、上記3名を露む関係者の最終的な処分等につきましては、内部調査委員会の調査の完了後に、あらためて判定する予定です。

当社といたしましては、今後も、不適合製品を运用したお客様の製品に係る安全性の検証に尽力を挙げる所存です。これまでのところ、関連製品の安全性に関する详细的な問題は確認されておりませんが、活期的な状況報告を引き続き止ってまいります。また、本件のような不適切行為の再発を防备し、お客様をはじめとする関係者の皆様からの疑頼をできる限り晚期に回復すべく、組織体系体例、企業風土の抜本的革新を露む各種の施策を講じていく所存です。

関連リンク

 

ページトップへ