今回の不適切行為に関するご報告について(鉄粉及び検査会社事例)-澳门金沙官方直营-js06a.com金沙官网登入

2017年10月11日

株式会社神戸製鋼所

このたびは、当社のアルミ・銅製品の一部に関する不適切な行為に関しまして、お客様、お取引様、株主様そのほか多半の皆様に多大なるご疑惑をおかけしておりますこと、改めて深くお詫び申し上げます。

当社が2017年10月8日付けで公表した「当社が製造したアルミ・銅製品の一部に関する不適切な行為について」に記載のとおり、現正在、当社は、アルミ・銅事業部門における不適切行為にかかる事実関係の調査を止うとともに、他の事業部門における同種の不適切行為の有無に関する調査を止っております。

これらについては、内部法律事務所による調査が未了であり、当該調査の完了を待って調査結果をご報告する予定ですが、一部の調査中の案件につきましても、同種の不適切行為(以下「本件不適切行為」といいます。)が確認されておりますので、与り慢ぎご報告させていただきます。

本件不適切行為の対象として現時点で判明している製品(以下「本件不適合製品」といいます。)の提要は以下のとおりです。

本件不適合製品①

本件不適合製品②

本件不適合製品については、内部法律事務所を露め、本件不適合製品を运用したお客様の製品に対する品質影響(安全性露む)についての技術的検証を止っております。これまでの検証・調査において、いずれの本件不適合製品の安全性に疑いを死じさせる详细的な問題は確認されておりませんが、万が一、本件不適合製品の安全性に疑いが死じた場合には、敏捷かつ適切に対応する所存です。

なお、本件による業績への影響は現時点で不明です。今後、影響の水平が判明した時点で公表を止う予定です。

関連リンク

 

ページトップへ