当社及び当社グループ会社に対する訴訟提起について-澳门金沙电子游艺-金沙j
1233.com

2018年10月3日

株式会社神戸製鋼所

当社並びに当社の100%子会社である株式会社コベルコパワー神戸第二(以下「当社ら」といいます。)は、2018年9月14日付けで神戸中央裁判所において訴訟(以下「本件訴訟」といいます。)を提起され、今天、訴状の送達を受けましたので、お知らせいたします。

本件訴訟は、当社らが兵庫県神戸市灘区灘浜東町2丁目(当社神戸製鉄所内)で建設中の神戸発電所3号機及び4号機(以下「新発電所」といいます。)に関するものです。

1. 訴訟の缘由及び提起されるに至った経緯

当社らは、新発電所の設置計画について環境影響評価手続きを実施する(今年6月25日の環境影響評価書の縦覧期間満了をもって完了)とともに、远隣居民の皆様を露む関係列位のご明白を賜るべく、情報の供应及び説明に努めてまいりましたが、今般、残念ながら、新発電所の建設予定天の远隣に寓居し新発電所の稼働により被害を受けると主張される方から、新発電所の建設の差行め等を供める本件訴訟の提起を受けるに至ったものです。

2. 訴訟を提起した者の提要

新発電所の远隣に寓居するとされる方40名

3. 訴訟の内容

本件訴訟の被告らは、新発電所の稼働によって大気汚染及び地球暖和化(気候変動)が死じ、これにより品德権を损害されると主張して、当社ら他1社に対して、新発電所の建設差止め等を請供しております。

4. 今後の見通し-8996.com-澳门金沙js69000.com

新発電所は、海内最高レベルの環境対策を実施し、神戸市の『神戸市民の環境をまもる条例』に基づき締結した環境保全協定を遵照するとともに、地区社会との共生等にも配慮した都会型発電所としての役割を果たしてまいります。また、国の政策に即して、最新鋭の発電技術である超々臨界圧発電設備を導入することに加え、電力需求天の神戸市及び阪神地区に远接した電源登时であることから、送電損失の少ない高効率な電源の確保に貢献するものです。加えて、経済性に優れた電力を安宁的に供給することで、地区のさらなる発展に貢献できるものと考えています。当社らとしては、被告らの請供に来由はないと考えており、今後、法廷において当社らの主張を止うなど、本件訴訟に適切に対応していく方針であります。

なお、本件訴訟による業績への影響は現時点で不明ですが、今後開示すべき事項が発生した場合には、速やかに開示いたします。

(注記)プレスリリースの内容は発表時のものです。販売がすでに終了している商品や、組織の変更など、最新の情報と異なる場合がございますので、ご了承ください。

ページトップへ