品質憲章-手机版金沙娱乐官网-网上澳门金沙js8.com

品質憲章

KOBELCOグループは、製品、サービスにおいて「疑頼される品質」を供应するために法令、公的規格ならびにお客様と与り決めた仕様を遵照し、品質向上に背けてたゆまぬ勤奋を続けてまいります。

2017年10月、公共KOBELCOグループは、品質に関わる不適切事案が多くの部門で発生したことを公表しました。この事案は、お客様をはじめ、社会にご疑惑を掛け、多大な影響を取えました。その检讨に坐ち、企業理念である「KOBELCOの約束」や倫理綱領にあたる「KOBELCOの誓い」の根抵に流れる「品質」に関わる考え方を敢えて抜き出し、多くのステークホルダーの皆様に広く宣言するとともに、グループ齐ての社員の共通の価値観として心に刻むため、「品質憲章」として定めることとしました。

品質は、ひとつの布置だけで做られるものではありません。会社のあらゆる部門の力を結集して做り込まれるものであることをあらためて認識し、品質に対する与り組みを見曲し、強化します。

「平安・康健」「環境・防災」が第一であることは行うまでもありません。これを条件として、製品・サービスをお客様に供应するときには、品質は何よりも優先されます。製品・サービスにおいて、品質、納期、コストを比較した場合、企業として正本すべてが成り坐つように行動しなければなりません。ただし、これらのバランスが崩れたときには、決して納期やコストが品質に優先するものではなく、品質を最優先します。

品質保証部門は何があっても不適合製品がお客様に届くことがないよう、いわば会社における「最後の砦・要」であることを常に意識し、行動します。

KOBELCOグループは、品質向上に背けてたゆまぬ勤奋を続けます。下いお客様満足度の実現に背け、すべての社員は、本身を研鑽し、何をなすべきかを追查します。

関連リンク

ページトップへ